きょう2月14日は「煮干しの日」ですね。見る影もないwwwいや、反バレンタイン派の方は「煮干しの日」を推進されているかも。


バレンタインということで、チョコレートいただけましたか?ボクは意外にもあの人から!?とかが。あったのかなかったのか(笑)たくさんいただいても、食べきれないから。となりの家におそそわけするわけにもいかないし。ちょうどいい感じで、ありがとうございます。



もらったチョコにこんなん、書いてありました。

image


キーワードは【フェアトレード】

【フェアトレード】とは…途上国の生産者と適切な価格で取引しましょう。という、仕組み。


途上国では、珈琲豆やカカオ豆の生産現場をはじめ多くの生産現場では低賃金労働が行われていて、多くの人が貧困で苦しんでいるといわれています。その、原因のひとつは先進国の企業が安さだけを求めて途上国の土地や資源、人を使っているので、労働者はいつまでたっても、豊かにならない。貧しいままだと言われています。(詳しくはググってね)

そこで、欧米ではフェアトレードを通して、豊かな社会を目指す取り組みがひろがり、日本でもピープルツリーというフェアトレード専門の企業があるほか、フェアトレードに共感する多くの方々の取り組み、スタバ、イオンなどの大手企業でもフェアトレード商品を取り扱っていますね。

image


けど、フェアトレードは素敵な理念を持った仕組みなのに、日本全体で広まらないのはなぜ?


フェアトレードのコーヒー、チョコは実際美味しいことがほとんどだけで、同じ値段のものと比べて、さして違いがわからない。むしろ、高い。


当たり前なのですが、フェアトレードの商品は、安く叩かれているものを適正な価格で取引しているので高くなります。そして、高いからといって、劇的に味が違うのかというと、ぶっちゃけ、わかりません。

フェアトレードの商品は、イメージとして、100円の商品を200円で買うようなものだと言う人がいます。そうかもしれない。もちろん、農薬を使わない。もしくは、減らしてつくられたものかもしれない。服やアクセサリーは、その他の同じ値段のものよりも、お洒落かもしれない。けど、みんな頑張って良いものをつくっているから、理念が素晴らしくても、コーヒーであれば多くのカフェや喫茶店などに他より高い値段だけども、あえてフェアトレードを選ぶ。その理由が、「途上国の生産者がかわいそうだから」ではなく、「よいものだから」で選ばれなければならない。ここが、フェアトレードでも、いわゆる『地域活性化』でも同じなのでしょう。例えば、この地域が良い場所といっても「京都」と比べたらどうか「バルセロナ」と比べたらどうなのか?それでも、選ばれるのか?

「過疎の田舎をなんとかしてほしい」ではない。自分たちの良さを自分たちで伸ばしていくしかない。そこで、僕はなにができるのだろうか…。話がそれましたね。



フェアトレードは、素晴らしい仕組みだけども、ぶっちゃけ、日本でひろまるブームの予感は全く感じられない。そして、大きな企業ではCSRや、ちょっと社会貢献している良い企業的なイメージ戦略の一貫としてヤっているんじゃないかとも思うのです。



そこで、ここまでフェアトレードの話を展開しておきながら、毎日、職場で決してフェアではないであろうコーヒーを飲んで、休日はコメダも好きな僕が言うのもなんですが、やっぱね、珈琲は、いくらフェアトレードといえども、生産地が遠いしね、生産者の顔が見えずらいですよ。しかも、フェアトレードのお金は、ぶっちゃけホントにフェアに使われているのか、わかんないじゃないですか。もちろん、フェアトレードのコーヒーをあえて避けたりする必要はないし、ボクもメニューに載っていればフェアトレードコーヒーを注文します。けどね。


思うんです。コーヒー飲むより、

【白川茶】飲もうよ。

image


いや、これからもね。珈琲飲みますよ。毎日。

image


だけど、ちょっと、社会にいいことしたいなぁと思ったときには、思わなくても、生産者の顔が見えてフェアな取引で、お茶の産地と茶畑の景観と文化を繋ぐことに貢献できる【白川茶】を飲むことをオススメします!

image
ちなみに、ボクが毎週金曜日に通う「ときどき庵」には、フェアトレードで有機栽培の珈琲とピープルツリーのチョコレートが販売されています。気になるかたはどうぞ!