火曜日(4月24日)とても心地の良い晴天の日に、クオーレの里でダッチオーブンをつかったアウトドアクッキングの“練習”をしました。(練習さえもブログのネタにする。いや、ダッチオーブン、アウトドアクッキング、ジビエはブログのネタに漏れ無く使うつもりですw)

さて、この練習は5月8日(日)開催の【ダッチオーブンクッキング】の為の練習です。美味しくできないんと、カッコ良くないんで(笑)いや、そんな、笑えるようなことにじゃないけど。


パエリアはスペインの郷土料理みたいなもの。地域によって食材も、味も違う。もっとも味は家庭ごとに違うみたいですが。(ここらの地域でつくる「朴葉寿司」みたいなもんかな。ちなみに、「朴葉寿司」が気になる!というお知り合いの方、お送りしますのでご連絡ください。)

さて、今回のパエリアは「鹿肉」を使った【山のパエリア】です。スペインだと野うさぎや鶏を使うようですが、ボクは鹿肉にこだわってやってます!

パエリアはお米をダッチオーブンで炊いて、つくるのですが、そこは炊飯器みたいにはいかず、上手くいったり、失敗したりそんな感じです。前回、4月5日にパエリアに挑戦したときには、味は薄かったですが、フツーに炊き上がっていたのです。が、今回はやわらかかったんです。芯がなかったのですが、水が多すぎたのか、火が弱かったのか…。次回に課題が残りました。もっとも、前回と違うのは、カセットコンロを使わずに、直火にチャレンジしたこと。難易度はこちらの方が高い。何て言っても、火加減難しいです。その点で、経験値高められたかなと、自分を慰めています。

image


さて、丸鶏は昨年のクリスマス以来、半年ぶり3回目の挑戦でした。まぁ、段取りさえ間違えなければ、これは簡単…。と、思っていたら、安い国産の丸鶏を買ってきて、なんでだろーという答えに気づいた頃には、時遅し。めちゃくちゃ硬い親鳥でした。あぁ…、ショック。柔らかいピチピチの若い鶏を準備します。味や火加減は問題なしだったので、鶏の選択ミスです。

image


おまけに、串焼き。前日に、閉店間近のVドラで、ネギ、シイタケ、ウインナー買いました。いつも、バタバタです(笑)

image


ちなみに、シイタケのヘタとカサの切り方は、切った方の趣味です(笑)


今回は猪鹿庁さんと、白川町産の鹿肉を使用しました。また、鹿肉のダッチオーブン料理やっていきます!

image