1年ぶりにビア缶チキンをつくってみました!今年は、ビア缶チキン用のスタンドも購入して(買ったのは去年の7月だけどw)様々な反省をいかしてwビア缶チキンつくりました!結論から申し上げますと、とても美味しく焼き上がりました。



どれだけ火あぶりさせたらいいのか?迷うところではありましたが、実際はもう少し火にかけても良かった思いますが、それでも、ダッチオーブンでローストチキンをつくるよりも、美味しく焼き上げられました(笑)

image

〈ビア缶チキンつくり方〉

1.丸鶏を購入(今回は家でひっそり焼いて食べたので、ブラジル産の冷凍の丸鶏1.2kgをアミカで購入して、冷蔵庫で解凍しました。1羽645円)
2.解凍した丸鶏に塩を塗り水を出します。(WEBの情報だと2時間が目安だそうですが、今回は時間の都合で1時間)
3.塩を洗い流し、表面の水気をクッキングペーパーですい。しばらく放置。
4.Weber(ウェーバー)で火おこし。
5.丸鶏をまるごと味付け。(この際、つけ過ぎと思うぐらいに大胆にかける。今日はイタリアンハーブミックスを使用)
6.炭を左右に分け、アルミトレイを置き、その上に丸鶏とビールを入れたビア缶スタンドを設置します。
7.火が消えないように注意しながら蓋をして1時間放置。
8.焼き上がりをチェック
9.食べます!

〈材料〉
・丸鶏(1.2kg)
・食卓塩
・イタリアンハーブミックス
・ビール(中身半分)

〈道具〉
・Weber
・炭
・着火剤
・マッチ
・火ばさみ
・アルミトレイ
・クッキングペーパー
・軍手
・大きめのお皿

〈所要時間〉
・下準備 1時間30分~2時間
・焼き時間 1時間
・片付け 30分
計 3時間30分程度

image

炭をおこして、丸鶏に味付けして、焼くだけなのでチョー簡単に美味しくアウトドア料理ができます。

久々のウエーバー使いましたが、これぐらいなら良いけれど、やっぱガスの方が楽ですねwたまに、炭おこして、火の揺らぎを見るのはいいけれども、いつもやるには(というよりも、普段からアウトドアのごはんに親しみのない方は、ガスから始めた方が良いんじゃないかなーと思う。炭おこしたり、片付けたりするの大変だもんw)と火をおこしながら思った。

またやろっと。