本来なら、藤井市長は無実・潔白であり、最高裁で無罪になるだろう!と、書くつもりでいた。けれど、本日、最高裁から上告棄却の判断により市長失職の見通しとの報道。非常に残念。



この本は「美濃加茂市長事件」を通して見えるこの国の司法の実態を暴露した本だ。もちろん、藤井市長の弁護士が書いた本。検察側が本を書いたら全く違う見方になるだろう。されど、30万円の現金を当時、市議会議員だった現市長に渡したと証言した、4億円の詐欺師を信じ、現職の市長を逮捕、拘留した愛知県警、起訴した名古屋地検。一方に4億円も余罪がある詐欺師を2000万円しか起訴しなかった検察。

現金を渡したとされるガスト美濃加茂店。同席者は席を離れていない証言するも「離れた」と詐欺師が証言。
いくつもの矛盾と不可解さを感じる。名古屋地裁では無罪を勝ち取るが、検察控訴で逆転敗訴。一審無罪で控訴されるのもおかしなはなし。証拠もないのに、詐欺師の証言だけで逮捕され、拘留され、起訴され、控訴で逆転敗訴。無念でならない。