先日、白川商工会館で開催されました「白川町異業種交流会~事業経営者・担い手の集い~」に参加しました。こちらのイベント、世の中に数多くある名刺交換会のような異業種交流会ではなく白川町内で事業を経営されている経営者の方と事業の担い手を対象として主に人材確保(求人)をテーマに「白川町移住交流サポートセンター」「大人のインターンシップ実行委員会」が主催で「ハローワーク」の方を招き「商工会」で開催されました。

DSCPDC_0003_BURST20180607185629405_COVER

そもそものはじまりは、昨年の「白川魅力発見塾」で鈴木桂司さんが白川町民の立場として、経営者の立場として人材確保のミスマッチを防ぐため「大人のインターンシップ」をやりたい!と立ち上がったのがはじまりです。それに今回“移住交流”に取り組む「白川町」「商工会」「ハローワーク」(この3者間ではまち・ひと・しごと創生推進連絡協定が結ばれています)も加わり開催されました。

DSC_0506

参加者は16名。


まず、白川町移住交流サポートセンターの長尾係長から、白川町では毎年200人以上の人口減少が進んでいること。このままでは40年後には小学生が0人になる。白川北地区では10年後には0人になる。しかし、毎年1世帯3人家族が20世帯が白川町に移住したら白川町の人口は緩やかに維持できるという話題提供がありました。

続いて、ハローワーク美濃加茂の纐纈さんから、岐阜県は求職者より求人が多い状況が続いている。特に、岐阜・大垣・多治見では2倍近い求人がある。白川町でも求人があるが、なかなかこちらの方には人が集まりにくい状況になっている。月に一度、白川町役場で“出張ハローワーク”を開催しているが、昨年、一昨年と順調に参加者がいたが、4月、5月に入り激減。5月は来場者が0人だった。といった話題提供がありました。

DSC_0504

そして、各テーブルに分かれての交流会。主に「困りごと」を共有しました。僕が参加していたグループには、白川町の公共交通を担っている白川タクシーからお二人(お二人とも昔からよく知っています!)が参加されました。(白川町では、いままで公共交通を担っていた「濃飛バス」がほぼ撤退してその後の公共交通のあり方が課題になっています。今年の10月から本格的に白川タクシーが公共交通を担うことになるのに先駆け、現在すでにバスの代わりにタクシーやオンデマンドタクシーが運行しています。また、小中学生のスクールバスの運行も町内各地で白川タクシーの運営にと代わっています。)東京・大阪でもイベントで運転手募集をされていて、そこでは移住メインで仕事に運転手でという方がそこそこの人数のいらっしゃったそうです。(世の中、例えば東京に住みたいから東京に住みというより、その仕事がやりたいから、そこに仕事があるから東京に住むというのが一般的だと思うのですが“田舎移住”の分野では違うようです。)

各テーブルごとの交流会は前後半に分かれておこなわれました。

後半は、課題の解決策でいた。僕たちのグループでは“対策”というよりも“観光”に話が進みました。例えば、白川タクシーさんからは「町内でも奥の佐見や黒川に行ったことがない人がいる。高齢者は、家の外に出る機会がないと出ないけれど、“佐見豆腐のカフェ”に行くだけでも喜んでもらえる。同じ町に住んでいるけれども知らないことも結構ある」というお話しがありました。加えて「タクシーで飛水峡に行かれる方や黒川の奥の院(佐久良太神社)に行かれる方もいる」他には「黒川の東座。行ってみたらスゴい良いところだった」「各地のお祭りを巡るツアーをしたらいい」「まず、白川町民から白川町の魅力を感じないと!」といった意見がだされました。

そして、グループのまとめはこちら
DSC_0510

黙ってポストイットに記入していた僕に、まとめの話がふられたので、ざっくりこんな感じでまとめました。
DSC_0509


地域の人材がソトに流出する。ソトから人は来るけれど、数としては減っている中で、まず僕たちにできることは、このまちの魅力を知ることから。例えば、黒川の奥の院。ここに行ったことが無い人?まず、こちらに行って白川町の知らなかったところを知ることからはじめましょう!

という、まとめ。結構無理やりやな。まあ、この場で、役場は、、、行政は、、、こうするべきだーというのは、違うなーと思うのです。だって、そんなこと言ったってすぐかわるもんじゃないもん。すぐにできるのは、自分でできることからはじめることじゃんね。と思うのであります。

DSC_0116

交流会の閉会の際、白川町商工会の古田会長から「奥の院」に関して、郷土の偉人である藤井丙午さんのエピソードを話されてました。そういえば、かつて、もう7年ほど前に、現町議会議員の藤井宏之さんから同じ話を伺いました。パワースポットオススメです!
藤井宏之さんにお話を聞きました。 宏之さんは、白川町黒川にある『佐久良田神社奥の院(お山様)』をオススメなスポットとして紹介してくれました。 この場所は、景観もさることながら、 地元、白川町黒川出身で、 元新日本製鉄副社長で元参議院員である 『藤井丙午氏』がかつて勉学に励みその場所で修業していたというという場所だそうです。 この地から当時の日本を代表する製鉄会社の副社長まで登りつめ、参議院員になった 藤井丙午氏を育てた場所として、 この佐久良田神社の奥の院は『パワースポット』として言えるのではないかと宏之さんは話されていました。引用:マイスター倶楽部ブログ