なんとなく、落合宿にいってみたら中山道の宿場町をめぐってみたくなった。ちょうど、岐阜県での中山道の観光パンフレットも多くみるようになったし、ちょっとまわってみようかなーと思ったので岐阜県内17の宿場町をめぐってみました!

「中山道」とは、江戸時代の五街道のひとつ。東海道と並び、江戸の日本橋から京都の三条大橋をつなぐ道。東海道が太平洋側を通るのに比べ中山道は内陸をいきます。距離も高低差も中山道の方が長く険しいのですが、東海道が海沿いのため川を渡れなかったり、箱根越えが難しい場合などは、中山道が利用されていたようです。中山道には旅人が休む“宿場”は69あり、これが「中山道六十九次」と呼ばれています。

DSC_2261

岐阜県を西から順番に中山道を巡ってきて整っているのが「鵜沼宿」。抜け道に使う車がぶんぶん走ってきますが、街道の両脇には中山道全盛期の建物や資料館があり、ボランティアの方も常駐していました。

DSC_2259

DSC_2272

DSC_2270

DSC_2269

鵜沼宿の入口には「陣屋」さんも。何とも、相性が良さそうなので、ちょっとお茶するにはよさそう。地元のおばちゃんがたに愛されているようです。

DSC_2250




「各務原市中山道鵜沼宿町屋館歴史民俗資料館」