なんとなく、落合宿にいってみたら中山道の宿場町をめぐってみたくなった。ちょうど、岐阜県での中山道の観光パンフレットも多くみるようになったし、ちょっとまわってみようかなーと思ったので岐阜県内17の宿場町をめぐってみました!

「中山道」とは、江戸時代の五街道のひとつ。東海道と並び、江戸の日本橋から京都の三条大橋をつなぐ道。東海道が太平洋側を通るのに比べ中山道は内陸をいきます。距離も高低差も中山道の方が長く険しいのですが、東海道が海沿いのため川を渡れなかったり、箱根越えが難しい場合などは、中山道が利用されていたようです。中山道には旅人が休む“宿場”は69あり、これが「中山道六十九次」と呼ばれています。

DSC_2307

伏見宿は、岐阜県可児郡御嵩町にあった宿場町。いまの、東濃実業高校の校門のすぐ前が宿場町跡のようなのだが、その面影はほぼなし。

DSC_2294

現在は重要文化財の建物と旧郵便局、斜め前の公園が宿場町を感じさせるぐらいかな。

DSC_2300

DSC_2301

DSC_2302


旧郵便局は「中山道ゆったり伏見宿」として、休憩などができるところらしい。(訪れた日はお休みだった)公園はトイレと休憩スペースがあり、伏見宿の歴史が知れるパネルが設置してある。

DSCPDC_0003_BURST20181002095510151_COVER

DSC_2304

駐車場が近くにない感じなので、近くのコンビニに停めるぐらいしか方法がないかと。

いまでこそ、面影を感じられないが当時は木曽川での水運が盛んで賑わっていたようである。