2019年のNHK大河ドラマといえば、大好評放送中の「いだてん」ですね。

ぼくも、ほぼほぼ毎週みています!テンポがよく、勘九郎さんはもちろんのこと、森山未來さん、ビートたけしさん、竹野内豊さん等々、素晴らしい出演者と、宮藤官九郎さんの脚本による、いままでにない大河ドラマに魅了されています。

あまりにも、いままでにない大河ドラマのため、今年90歳を迎える祖母には理解できず、「ポツンと一軒家」を見たいがため小競り合いを繰り返す日曜日であります(笑)

さて「いだてん」は、前後半がある東京五輪をテーマにしたお話だそうですが、前半の主演は歌舞伎役者の「中村勘九郎」さん。お父様は亡くなった「故中村勘三郎」さん。弟さんは「中村七之助」さん。奥様は「前田愛」さんです。歌舞伎を知らなくても、中村勘九郎さん、七之助さんをご存知の方は多いのではないでしょうか。

そんな、大河ドラマ「いだてん」主演の中村勘九郎さんが名誉館主を務めているのが、岐阜県加茂郡白川町にある「東座(あずまざ)」です。こちら、明治時代から現存する芝居小屋であります。明治から昭和初期にかけ地歌舞伎が盛んに行われてきましたが、昭和30年代に老朽化のため閉鎖され昭和の終わりまで倉庫として使われていました。平成に入り地元の保存会の方々により修繕が行われました。平成3年4月に当時の中村勘九郎(故勘三郎)さんによる“こけら落とし公演”が行われ、これを機に“名誉館主”に就任。その後、平成25年に中村勘九郎さんが、2代目「東座名誉館主」に就任され今に至ります。

(2013年11月29日の就任式の様子)
DSC_0198

DSC_0619

DSC_0620

そんなわけで、大河ドラマ主演を祝した“横断幕”を、ミーハーな、わたくし、とりつけに行って来ました(笑)

DSC_0592

めちゃんこ寒かった。

DSC_0594

すごく寒かった。

DSC_0600

終了後には、お隣の「大黒屋」さんの、お菓子をいただけたので、大満足(笑)


来月、3月17日(日)には「中村七之助」さんによる「中村七之助特別舞踊公演が東座にて行われます。午前、午後と公演があり、午後の部のチケットはまだ若干の余裕があるようです。

1549781680471