岐阜県の郷土料理といえば『五平餅』です!!!

今まで“五平餅”に特別感を抱いたことはありませんでした。

しかし、今年の1月に食べた“五平餅”がとっても美味しかったがために、さらに美味しい五平餅ヲ追い求めたくなり始まったのが“五平餅巡り”。時節柄、遠方の五平餅を食べに行くことは断念して、ほぼ岐阜県内の五平餅屋さん。30店舗程ではありますが、美味しい五平餅食べてきましたので、まとめてご紹介します。


30店舗食べてみて、個人的に“これは美味しいゾ!”というポイントは【炭火×クルミの甘ダレ】です。さらに、極めると“団子型”より“わらじ型”の方が美味しかった。もちろん、団子型の美味しい五平餅もたくさんありますが、極めると“わらじ型”ד炭火”דクルミの甘ダレ”が最高です。

わざわざ炭火で五平餅を焼くのは手間でしかない。火をおこすのにも、炭を処理するにも時間がかかる。それでも、炭火にこだって五平餅を焼いているのは、やっぱりその方が美味しいからだ。


30店舗巡って、一番美味しかった、西野イチオシはコチラの五平餅!

【さくら五平】(岐阜県・多治見市)
『さくら五平』ネットでも、美味しいと評判の五平餅屋さんです。お店の雰囲気もなかなか素敵なんです。軒先で炭火を使って焼いている五平餅が美味しくないわけがない笑。ココの五平餅が今回巡った中で一押しです!

【五平餅の太田 三郷店】(岐阜県・恵那市)
『五平餅の太田 三郷店』こちらも炭火で五平餅を焼いている。土日限定でちょっとヘンピなところにあるけれど美味しかった!ちなみに、『五平餅の太田』は他にも2店舗、お店があります。


『さくら五平』と『五平餅の太田』は“わらじ型”ד炭火”דクルミの甘ダレ”です。老舗の醤油の甘じょっぱい五平餅のタレよりも、この甘々しい感じが、個人的に好きなんです。



ではでは、他の五平餅屋さんも紹介していきます。

まず、今回のきっけとなった

【まんまる五平餅】(岐阜県・御嵩町)『まんまる五平餅』ここは美味しかった!上位の2店舗にも負けない美味しさだった。お米もタレも地元産のこだわりがあって、昨年(2020年)の12月にオープンしたばかりで、土日限定で旧中山道沿いの結構狭い道路沿いにある小さなお店なんですけど、このお店はオススメです!まだまだ、あまり知られていないと思うので今のウチが狙い目かも。


【五平餅のれいちゃん】(岐阜県・中津川市)
『五平餅のれいちゃん』国道から少し細道に入った隠れた五平餅屋さんでした。五平餅の他にも、ソバも食べられます!


【喜楽五平餅 駅前店】(岐阜県・中津川市)『喜楽五平餅 駅前店』五平餅の老舗。中津川市で一番歴史があるというこちらの五平餅屋さん。伝統を感じる五平餅の味がしました!ちなみに、名古屋市の藤ヶ丘駅近くに新店舗が誕生したそうです。


【道の駅おばあちゃんの市・山岡】(岐阜県・恵那市)
『道の駅 おばあちゃんの市・山岡』。日本一の水車が目印の道の駅です。ここの五平餅はタレなおばちゃんたちの手作りとのこと。五平餅以外にも気になるものがいっぱいのお店です。


『大黒屋』(岐阜県・恵那市)
『大黒屋』NHK連続テレビ小説『半分青い』の舞台となった岩村城下町にある団子型の五平餅屋さん。気さくなおばさんが焼いてくれる絶品の五平餅は美味しかったなー。


【あまから岩村店】(岐阜県・恵那市)
『あまなら岩村店』恵那市に本店がある“あまから”の岩村支店です。“あまから”の味が岩村城下町でも食べられます!


【五平のぽん太・野菜販売所】(岐阜県・恵那市)
『五平のぽん太・野菜販売所』こちら、ファミリーマートの駐車場脇にあるプレハブの五平餅屋さん。“こんなところ…”みたいな偏見を持ってしまって一度はスルーしてしまいったのですがネット口コミを見てみると高評価ばかり!そして、再び訪れたその日はなんと定休日で3度目にして味わった五平餅でした。ここは、五平餅の他にも“クレープ”の種類も豊富です。プレハブでも侮ってはいけません!


【五平餅 おぎの】(岐阜県・恵那市)

『五平餅 おぎの』激戦地である恵那市街地にありながら五平餅専門店として、人気のお店です。丁寧に焼かれて地元の皆さんに親しまれているようでした。また、五平餅関連のスイーツも気になります。


【あまから本店 瑞浪店】(岐阜県・瑞浪市)

『あまから本店 瑞浪店』瑞浪市内イチの五平餅の人気店です。もう週末にもなれば多くの方がこちらの五平餅を買いに見えます!


【五平餅魚徳】(岐阜県・瑞浪市)

『五平餅魚徳』しっかりと地元の方に支持されている五平餅屋さんです。近くに超人気店がありますが、こちらも五平餅専門店として頑張っています!


【道の駅志野織部】(岐阜県・土岐市)

『道の駅志野織部』なんでもある道の駅です。五平餅は入口付近のお店で買えます。タレが甘くて美味しいです!五平餅以外にも店内のプリンもオススメです笑。


【五平もち きむら】(岐阜県・土岐市)

『五平もち きむら』このお店は、わざわざ食べに行ってもいいほど美味しいです。焼いているところを外からも見ることができますが、たっぷりタレをつけているところがいい!そして、安い!1本80円。安くて美味しい!ここの五平餅はいいですよ。焼いている、おばさんのあたりが少し強いですが、やっぱり美味しいです。


【又おいでや】(岐阜県・土岐市)

『又おいでや』五平餅の種類がめっちゃ多かった!えっ、こんなんもあるの?あれは店主の趣味なのかな?焼いている方がとても優しい方だったな。


【五平餅もちや】(岐阜県・多治見市)

『五平餅もちや』多治見駅南口から徒歩数分の五平餅屋さん。こちらも結構、美味しかったな。5本〜の販売なんだけどね。


【木曽馬】(岐阜県・多治見市)

『木曽馬』行ったら臨時休業だったんだよね。また、リベンジして行かないと笑。


【永保寺案内所】(岐阜県・多治見市)

『永保寺案内所』国宝のお寺の入口にあるお店。案内所ってなっているけど、昼から飲んでいる地元のおじさんもいてここは、屋台感もあった笑。五平餅は映えてたな。


【てまひまの店】(岐阜県・白川町)

『てまひまの店』道の駅美濃白川にある、お惣菜屋さんの五平餅です。里芋などが入っていて食べごたえがある五平餅。お餅とおにぎりの中間みたいな。おやつではない笑。他の五平餅とは一線を画したオリジナリティある五平餅です。 


【美濃白川クオーレの里・大正茶屋】

『美濃白川クオーレの里』僕の職場です笑。地元のイベントなどで出店してまーす!


【陽だまり】(岐阜県・川辺町)

『陽だまり』岐阜県川辺町の国道41号線沿いにある気になる五平餅屋さんです。お隣の蕎麦も美味しいですよ。蕎麦屋さんでも五平餅食べられるはす。


【天狗茶屋】(岐阜県・美濃加茂市)

『天狗茶屋』フライングで食べた五平餅笑。日本一の天空像がある神社で食べられる五平餅です。めちゃ美味しいかというとそうでもないけど、健康とか運勢とかに良さそう。


【美濃加茂サービスエリア】(岐阜県・美濃加茂市)

『美濃加茂サービスエリア』ドライブの途中でどうですか?という感じで、サービスエリアにある五平餅。この五平餅を食べるためにわざわざ自動車道に乗って行きました。今回食べた五平餅のなかで1本としては一番高かった!甘いタレが、なぜかとても美味しく感じた。


【だんご屋令和(岐阜県・関市)】

『だんご屋令和』“道の駅平成”にある“だんご屋令和”。味に特別感はないけれど、たまに“アタリ”が出らしい!平成の令和のお店で食べてネタにするのも、おいしい!


【岩井屋】(岐阜県・岐阜市)

『岩井屋』もともとはお寺の門前にあるお店だったと思うけれど、いやまお寺に訪れる人よりもこのお店に訪れる人のほうが圧倒的に多い。遠方からわざわざ訪れる人も多いみたい。店先で焼いている五平餅と田楽が名物の岐阜の名店。


【五平餅 くるみや】(岐阜県・大垣市)
『五平餅 くるみや』岐阜県の西濃地域である大垣市にも五平餅屋さんがあまりました!目立つ場所にはないのですが、丁寧に焼いてもらって恐縮です。


【山田五平餅店】(愛知県・犬山市)

『山田五平餅店』話題の犬山城下町にある五平餅やさんです。古い建物で販売されている五平餅は“キング”になるほどの美味しさ。既製品を観光地で販売しているわけではない。インスタ映えするグルメ溢れる城下町のなかでしっかりとした存在感を持ったお店です。食べる価値あり!


【大須ごへいもち店】

『大須ごへいもち店』名古屋のど真ん中“大須商店街”にある五平餅屋さん。1本1本丁寧に焼かれていて1本100円。赤みそバージョンが他では食べられない!?味でオススメ。


【木曽奈良井宿きむら】
『木曽奈良井宿きむら』長野県の奈良井宿の五平餅が名鉄百貨店本館地下で販売されていました。実は製造しているのは名古屋市の天白区にある工場のようですが今回初の長野県の五平餅でした。大きな団子型の五平餅と甘いタレがやみつきです。


【来来亭〜直ちゃん五平餅〜】

『来来亭〜直ちゃん五平餅〜』なんと、この4月から家から徒歩数分のところに土日限定の五平餅屋さんが出来ました!まさかの展開で驚きです。炭火で焼かれた手作りの五平餅です。美味しくないわけがない笑。ほぼ予約制でレア度高めです。