過去、何度かこちらのブログでもご紹介してきた、岐阜県白川町の新庁舎(役場)建設。あれから、数年を経て、新庁舎についての検討が進行中です。

建設予定地は旧「パチンコ&スロット リバーサイド」跡地一帯。白川町の中心地である河岐地区にあり、現在の白川町役場からも車で2分、徒歩10分程度のところです。
DSC_6564~2


工事開始が令和5年10月。
完成が令和7年3月の予定。

設計会社を決める公募型プロポーザルが本年7月に行われ、そこで「石本建築事務所」の案が選ばれ、この案を軸に新庁舎建設が進んでいくようです。






建設予定地を検討する際に、白川町内から検討委員が公募などで選ばれ、僕もその一員でした。

今回再び、同委員の皆さんが招集され、具体的な設計が出来上がる前に、“どんな庁舎”にしたいか現在検討中です。

10月と11月にそれぞれ検討委員会が開催されました。


1回目の様子。グループに分かれてのワークショップ。
DSC_6660~2

建設予定地を含めての模型。
DSC_6676~2

第2回目の様子。
DSC_6477~2

各グループの発表の様子
DSC_6474~2


検討会は、主催は白川町役場で実際にワークショップをしているのは、石本設計事務所の方です。設計事務所の方が積極的にワークショップをやっているのが2回の検討会を通して印象的でした。


そういえば、先日こんな記事がありました。
DSC_6510~2

DSC_6511~2

岐阜県が発行している森林の機関誌です。





木造建築の庁舎になるんでしょうか。どうかなぁ〜。