ZOZOの創業者である前澤友作さんがロシアのロケットソユーズ宇宙船で宇宙に飛び立ちました!



打ち上げの瞬間をYouTubeとABEMAとNASATVで観ていましたが、さすがのソユーズは安定感あります!

2021年は「宇宙旅行元年」と呼ばれているようです。

アメリカの民間宇宙会社でテスラ創業者のイーロン・マスク氏の「スペースX」やAmazon創業者のジェフ・ベゾス氏の「ブルー・オリジン」による民間人が宇宙へ行く「宇宙旅行」が本格的にスタートしました!

現状「宇宙旅行」は“日帰り”や“長期滞在”を含めて、ざっくり言えば、“超高級”ではあるものの、ちょっと前まで、宇宙に行く手段が「ソユーズ宇宙船」しかなかったことを思えば、格段に進化しています!


アメリカが「スペースシャトル」を退役させ、民間ロケットでの有人宇宙飛行に舵を切って、しばらくは、ロシアの「ソユーズ宇宙船」でだけで宇宙に行っていました。中国も有人宇宙飛行を成功させるなかで、今年は、アメリカ民間宇宙船の有人飛行が次々と成功。そうなると、いままで独占状態だった「ソユーズ」の搭乗者が減少していまうということで、民間人である前澤友作さんにと搭乗の機会が巡ってきたようです。

日本ではホリエモンこと堀江貴文さんも中心となっている「インターステラテクノロジズ」が北海道で打ち上げ実験を続けています。

今後の宇宙開発はどのように発展するのでしょうか?ロシア、中国、アメリカという大国の宇宙開発が進む一方で、スペースXやブルー・オリジンもいった民間企業の宇宙への進出も加速しそうです。

宇宙旅行は気軽に行けるようになるのか?

月へは?火星へは?どうでしょうか。


ちなみに、ちょい前まで、ロシアの戦闘機「ミグ29」でいく「成層圏ツアー」がありました。僕も検討しましたが、予算の都合でやめときました!