いよいよ“センバツ”(選抜高等学校野球大会)が3月18日㈮からはじまりまる予定でしたが、雨で順延して3月19日㈯からはじまります!

注目は、岐阜県の「大垣日大高校」です!!!

いろいろゴタゴタとしていましたが、選抜高等学校野球大会に出場する大垣日大応援してます。


大垣日大の近くに数年間住んでいて、高校の前を通ることも過去になんどとありました。離れた場所にあるグランドの前を通りかかることも、甲子園出場の際のバスの大群を目にすることもありました。当然、関係者や当時の在校生には知り合いがいたりもするのです。

「大垣日大」の甲子園での活躍といえば、僕の記憶にあるのが2010年(平成22年)のセンバツ ベスト4.それ以前に2007年(平成19年)にセンバツ 準優勝がありますが、当時の甲子園での勝利ごとに“大垣”が盛り上がっていくのを感じていました。

“甲子園常連校”がそれ以前は身近にはなかったのですが、“地元”の高校が甲子園で連勝を続けると“地域は盛り上がるんだなぁ”と感じたのを覚えています。

さらに、翌年2011年(平成23年)のセンバツにも大垣日大は出場しました。そう、あの「東日本大震災」直後の大会です。当時は“自粛ムード”があり、“センバツ中止!?”も考えられましたが、大会は無事に開催。

そして、大垣日大の初戦の相手は「東北高校」。被災地宮城県の高校です。当然、全国的には皆が「東北高校」を応援するカタチになるのですが、大垣日大は7-0で勝利したのです。

当時も、“いろいろ”あったと思いますが、だからといって、手を抜いて試合することを阪口監督は許さず全力で試合をすることを大切にしていたと記憶しています。

さて、今回の大垣日大の件でも“当時”を思い出すのですが、思いっきり甲子園での野球してほしいなぁと思います。



まあ、高校野球は、やっぱ好きだし、特別視してしまうけど、とはいえ、高校生の“課外活動”なんでね。多くの“人”も“お金”が動いているけど、“高校生の課外活動”なんだけどね。