気晴らしに「海のサウナ」に行こうか「山のサウナ」に行こうか迷った結果、ズバッと「現金値引」をしてくれる「県民割」で5,000円値引+2,000円のクーポン券がついてくる「岐阜県」の山奥のホテルに行ってきました!

梅雨の6月。天気は曇り時々雨。ちょっと小寒い。岐阜県の山奥にある「奥飛騨温泉」

割引あって、クーポン券あって、人が少ない。最高じゃないですか!

ということで、行ってみた!

『奥飛騨ガーデンホテル焼岳』
DSC_9600~2

お出迎えは「キャビア」がとれる「チョウザメ」。
DSC_9609~2

外には、「カラオケ」ができる「列車」
DSC_9603~2

飛騨といえば「さるぼぼ」
DSC_9611~2

ロビー
DSC_9612~2

フロント
DSC_9613~2

お部屋
DSC_9620~2

お菓子
DSC_9623~2


今回は、「泊まって」「サウナ入って」「温泉入って」「ご飯食べる」だけ。他の観光はなし。

天気が良ければ「新穂高ロープウェイ」を考えたかな。他に誰かいれば「上高地」もあるけどね。

到着して、早速、温泉+サウナ
DSC_9640

公式のWEBサイトに「サウナ」の説明は…。“うちは温泉で勝負しているんで!”と言わんばかりに、やけれど「サウナ」も最高ですよ。
DSC_9615~2

高温のドライサウナで、マットは5人分しか敷いてないけど、まず「広い」。下界のサウナ、この広さに10人ぐらい入っとるでね。5人で入るのは「贅沢」、まあ、貸切状態で計8セット入ったけどね笑。

サウナ前には「水風呂」あり。3人ぐらいいけるかな。肩まで浸かる水深で、水温もそこまで冷たくなく、「羽衣」もできやすくて、ゆっくり入っていられる。なかなか素晴らしい。

「温泉」の方も、流石の奥飛騨なんでね。素晴らしいですよ。源泉を惜しみもなく流し続けてるし、かなり良い温泉らしい。

水深130cmのお風呂とか、あと「湯衣」を着て入るお風呂とか。
DSC_9642~2

はじめ、全然お客さん来ないんで、大丈夫かなぁと思っていたけど、時間が経つとお客さんぼちぼち。

今回のご飯はこちらで、
DSC_9627~2

うむ
DSC_9633~2

おお
DSC_9636~2

鶏ちゃんの夕飯です。
DSC_9637

思っていたのと、ちょっと違った。まあ、安いプランなので、ええ。「温泉+サウナ」を目的としてきたので、ええ。が、ちょっと思っていたのと違った。

夕食後にも、サウナと温泉へ。グループのお客さんとかは夕食の時間なので、ほぼ貸切w


ホテルから見える眺め。川は昨年!?の災害の影響が感じられる。道中も復旧工事中だった。このホテルもなかなかの場所にあるな。ちなみに、建物の端っこには「洞窟風呂」
DSC_9629~2

まだ、流木残ってんね。
DSC_9630

自販機はこんな感じ。他にもあるけど、飲み物やおつまみ他は持ってきたほうが無難。
DSC_9632~2

朝食会場も昨夜と同じ。こちら貸切。
DSC_9646~2

朝ごはん
DSC_9647~2

ドリンクバーもあるよ。
DSC_9644~2

朝食にドリンクバーも付いていた。
DSC_9652~2

昨夜は気づかなかったけど、有名人の色紙も。
DSC_9650~2



「温泉」と「サウナ」で割り切れば最高かな。期間限定での「県民割」も嬉しい限り。ホテルは大きめの箱だけど、梅雨の6月はお客さん少なめかな。コロナ禍でまだまだ大きいところは大変だと思うけど、一人で来てもいいし、誰ときてもいいかな。もっと奮発して、豪華な旅館に泊まるのもありかな。