橘玲さんの『裏道を行け〜ディストピア世界をHACKする〜』をAudibleで聴きました。

1681992309922



今回も、メモなしで聞き流しているので、ザックリとした感想文です。

著者の橘玲(たちばなあきら)さんは、本名非公開の男性作家。数多くの!?本を出しておられる方ですね。

今回の『裏道を行け ディストピア世界をHACKする』は、こんな無理ゲーな社会にも、ハックする道はある。みたいな感じかな。ただ、ハックすることをすすめているわけでもない。じゃ、何なんだって言うことですが、そこはそういう社会なんだというエンタメでしょうか。

序盤は、ナンパの話から始まります。なかなかハードな話でしたが、人間は「生存と生殖」をプログラミングされているので、そこをハックすればナンパも可能だという話だったかな。ただし、声を声をかけて即、ベットインできるのは、たいがい水商売の女性だったり、承認欲求の高めな女性ですべての女性に通用するわけでもないとか。

ギャンブルのストットは、勝手に止まるやつより、自分で止めるほうが依存症が高いらしい。タバコの健康被害の表示は、不安を掻き立てて、気持ちを落ち着かせるためにタバコを吸うという。