尾形真理子さんの『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』をAudibleで聴きました。

普段であれば、このような小説をAudibleで聴くことはないですが、今回は松本穂香さんが朗読されているということで2.2倍速で聴いてみました。

1693479136879

1693479168315



聴き始めたときは、内容とか全く期待していなくて、とはいえ、松本穂香さんが朗読しているし、そんなに長くもないのでサクッと聴いてみるかという感じだった。この本の肝はプロローグとエピローグにあって、一通りのストーリーを終えてエピローグを聴くと、良い作品だなと感じてしまった。

さすが、“女心をぐっとつかんだベストセラー”。