樺沢紫苑さんの『神・時間術』をAudibleで聴きました!

1701155687832

神・時間術
樺沢紫苑
2017-06-16


配信は、つい先日ですが出版が2017年ということで、情報はちょい前ですが、樺沢紫苑さんが言っていることはそんなに変わらない。

“朝の散歩は大事”、“朝の時間の活用法が1日を決める”、“疲れたときこそ運動”、“睡眠大事”、“寝る前の過ごし方大事”、“いまを大切に”といった具合です。

よく寝て、よく動いて、よく食べてということでしょうか。基本は変わらない。タイトルが違う(笑)



以下、ポイントをまとめました!

時間の有効活用: アメリカ人は生産性を高めて定時で帰宅し、家族との時間を大切にしています。一方、日本人は生産性が低く、長時間労働でこれを補っています。

生産性と自殺率: 生産性が低い国では自殺率が高くなる傾向があり、韓国やロシアが例として挙げられています。

集中力の持続時間: 人は15分、45分、90分という時間で集中力が切れるとされています。これに基づくと、小学校の時間割のように区切りを設けるのが効果的です。

映画の構造: 007シリーズは15分ごとにアクションシーンが変わり、集中力を保つ工夫がされています。これに対して、トランスフォーマーのような長時間アクションは眠気を誘います。

雑念の管理: 完了したことは忘れ、未完了のことは記録することで集中力を保ちます。

締め切りの設定: 人は締め切りを設定することで通常以上の力を発揮する傾向があります。ストップウォッチを用いて締め切りを守ることが重要です。

セロトニンの増加: セロトニンはウォーキングや咀嚼によって増加し、うつ病の改善に役立ちます。

昼休みの過ごし方: 日光、運動、咀嚼を取り入れることで午後の仕事の効率を上げます。

ポジティブな思考: 寝る前にはポジティブな考えで満たされることが望ましいです。

時間に対する尊重: 自分の時間を大切にし、他人の時間も尊重することが重要です。すぐに決断することで、時間を有効に活用できます。

「いま」を楽しむ: 人生は現在を楽しむためにあり、将来だけに焦点を当てるのではなく、現在に集中することが大切です。

遊びのToDoリスト: 空き時間を有効に使うために、映画リストや行きたい飲食店リストなどを作成します。



以下は、印象的だったフレーズです。

時間を有効活用して仕事時間を増やすのは最悪」 - これは、単に長時間働くことが生産性の向上につながらないという考えを示しています。

15、45、90の法則」 - 人間の集中力が維持できる時間の区切りを示し、効率的な時間管理の指針を提供します。

雑念は書いて忘れる」 - 集中力を維持するための実用的な方法を提案しており、忘れることの重要性を強調しています。

人生は楽しむためにある」 - 現在を大切にし、楽しむことの重要性を説いています。

即決する」 - 効率的な時間管理と決断力の重要性を強調しています。



今回は、「時間術」でしたが、樺沢先生が言ってることをみんなが実践できたら、とりあえず“朝さんぽ”できれば、メンタルはそれなりに改善するし、人生楽しくなるんじゃないかなと思っています。