マーク・シュルツさんの『グッド・ライフ 幸せになるのに、遅すぎることはない』をAudibleで聴きました!

1702026309837



みんな、幸せになりたい!幸せに必要なのは、健康とかお金とか、地位とか名誉とか、いろいろ考えつくけど、根本で大切なのは「良好な人間関係」。良い人間関係なしに幸せな人生などない。

人は社会的な生き物。極めて社会的な生き物。まわりの人との関わりで幸せになれる。そして、その幸せは、未来とか過去にもなくて、いま、この瞬間、目の前にある。カフェの店員さんに声をかけたり、家族と一緒に食事をして会話をしてみたりするだけでも良くなる。


この本を聴いて改めて感じたのは、幸せの根本は、人との関わりだと。健康も仕事もお金も、いろいろ大切なのはあるけれども、やっぱり人だと。自分のためだけに生きているのではなく、人のために生きると。家族でも恋人でも仕事でも、人との関わりが全てだと。もう少し、人との関わりを大切にしなきゃなと思いますよね。一声かけてみるとかね。それで、人生変わるんだなと。



せっかくなので、読書メモをGPTに要約してもらいました。
 「幸せな人生」について述べています。幸せな人生は複雑で完璧ではなく、ゴールではなくプロセスです。重要なのは良い人間関係であり、孤独を感じる人は寿命が短い傾向にあることが指摘されています。良好な人間関係は健康と幸福に大きく影響し、文化によって幸せの定義は異なりますが、お金だけでは幸せにはなれません。他人との比較は不幸の原因です。
 本書は、幸せを見つけるためには、変えられるものと変えられないものを区別することが大切であると説いています。人間は社会的な生き物であり、親密な関係があれば健康で幸せに過ごせること、そして職場や家族との良好な関係が幸せに大きく貢献することを強調しています。幸せになるためには、他者とのつながりが重要で、人のために何ができるかを考えることが求められています。また、どんな年齢でも幸せになるのに遅すぎることはないと述べています。

  • 良好な人間関係:幸せと健康には、良い人間関係が不可欠です。
  • 孤独の影響:孤独を感じる人は健康面で不利で、寿命も短くなりがちです。
  • プロセスとしての幸せ:幸せは目的地ではなく、日々の生活の中でのプロセスです。
  • 比較による不幸:他人と自分を比較することは、不幸の原因となります。
  • 変化への適応:宝くじに当たるなどの一時的な幸せは、長続きしないため、変化に適応することが大切です。
  • 社会的生物としての人間:人間は社会的な生き物であり、人間関係が人生の基盤です。
  • 仕事と幸せ:仕事における幸せは、職場の人間関係に大きく依存します。
  • いくつになっても遅くない:どんな年齢でも幸せになることは可能です。