青山透子さんの『日航123便 墜落の新事実: 目撃証言から真相に迫る』をAudibleで聴きました!

1717133188616



森永卓郎さんの『書いてはいけない』で紹介されていたので聴いてみました。

日航123便墜落」について、これは「事故」ではなく「事件」だと。それも極めて細かく事実を突き詰めているのが本書です。

著者の青山透子さんは元日航の客室乗務員。当時はスチュワーデス。事故当時すでに日航の社員で日航機の墜落で先輩を亡くした。墜落について調べているうちにこれは真実は別にあるのではないか?ということで『日航123便墜落 疑惑のはじまり: 天空の星たちへ 』を出版され、本書は、『天空の星たちへ』を読んだ遺族や関係者らの証言を新たに盛り込んでいる。



公式の事故報告では、ボーイングの修理ミスで穴があいて制御できなくなって、群馬県の山中に墜落したが、政府も自衛隊もメディアも誰も墜落場所が把握できず最初に墜落場所にたどり着いたのは地元の消防団だった。

が、しかし、米軍は墜落直後に位置を把握しており、自衛隊の習志野の精鋭部隊は朝まで出動させなかったり、東京消防庁の出動を断った。墜落した地元の人たちはメディアや様々なところに電話で墜落地を伝えたのに報道では朝まで伝えられなかった。なによりも、墜落前のまだ明るい時間帯に低空で飛行する日航機と2機の自衛隊機が追いかけっこしているのを数多くの人が見ており、新聞や文集に掲載されている。しかし、真実を知っている人たちは誰も本当のことを言わない。ボイスレコーダーも公開されない。

墜落の原因として考えられるのは、“オレンジ色(赤色)の飛行物体”。低空で飛行していた日航機がオレンジ色で光っていたという。また機内から撮られた写真にもオレンジ色の飛行物体が写っている。が、これについては一切、公表されていない。推測として、自衛隊のミサイルが2発が発射されて、駿河湾で1発が尾翼に当たり、1発が日航機と並行して飛行していたのではないか?それを自衛隊機(ファントム機)が追跡していたのではないか?日航機の機長と自衛隊機は無線で交信していたのではないか?日航機は横田基地に着陸を試みたが何かが原因で着陸できなかった。それで、長野県のレタス畑に不時着しようとしていたが、旋回する途中で群馬県の山中に墜落したのではないか?という推測だった。墜落直後から政府や自衛隊、米軍は場所を把握していたと思われるが報道はされなかった。一方で地元の人によるヘリが夜間に飛んでいたという目撃証言もある。そして、遺体は“2度焼かれた”ように完全炭化していた。飛行機のジェット燃料は灯油と同様のもので安全性が重要。灯油での焼身自殺では炭化はしない。こうなるのは軍隊の兵器で焼かれなければいけない。そうなると、ミサイルの証拠を消すために夜間に現場で何かが行われていたと推測される。

大変聴き応えのある本でした。これほどまでに積み上げられた内容を陰謀論にするのには無理があるなと。そもそも、当日の日航機を目撃した人たちには、公式見解は信じられないだろうと思います。