清原達郎さんの『わが投資術 市場は誰に微笑むか』をAudibleで聴きました!

1720263036135



清原達郎さんは、ヘッジファンドの代表を長年されていた方。ガンで声帯を失いながらもファンドを運営されてきたが、引退してファンドを閉じたのを機会に、うまくいったことも、失敗したことも、投資のノウハウが詰め込まれた本。

現役のファンドマネージャーや投資家の方の本だと、全部言うとかより、ちょっと自分たちの利益になりような話とかあるかもしれないけど、清原さんはもう、引退したし、ファンドも閉じたのでお構いなしです。

この、清原さんがどう凄いのかというと、わかりやすいのが最後の「長者番付」で、サラリーマンだったけど1位になったこと。めちゃくちゃ成果を上げていたと。その後、リーマンショックがあって地獄絵図だっとのことですが、復活して今に至る。


清原さんの投資は、時価総額500億円以下の成長小型株に投資していくというもの。最後の決め手は経営者だと。ファンドの運営には、“イベント”的な大型株にも読みを効かせて儲けを上げる。そんなノウハウが満載。

初心者には、まずは「NISA」200 万円あったら、TOPIXに100万円と、小型株10銘柄に10万円ずつがいいとのことです。

インデックスファンドなら「TOPIX」一択。