カテゴリ:おすすめ >

「りらくる」といえば、黄色の“全身もみほぐし60分2,980円”で、誰もが知っているであろうマッサージ屋さん。この本は、その「りらくる」を創業した竹之内さんの初の著書です。この、本、めっちゃ読みやすい。サクサク読める。しかも大事なことが詰まっていて、面白い!です ...

世は「サウナブーム」ということで、今回は『医者が教えるサウナの教科書 ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?』を読んでみました。医者が教えるサウナの教科書――ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?加藤 容崇2020-03-05「サウナ= ...

サウナが数年前からブームだったのは知っていた。もちろん、サウナに入ったこともあった。この本も、前から知っていたけれど、ポチることはなかった。が、このときがきてしまったようだ。このごろ、小難しい本ばかり読んでいたけれど、この本はサッと読める。難しいことは書 ...

スマホ脳(新潮新書)アンデシュ・ハンセン新潮社2020-11-18話題の「スマホ脳」読みました。いまや“誰もが持っているスマホ”その危険性を人類の歴史から語っています。この本に書かれている“指摘”よくわかる。いまや、スマホの問題は10代、20代だけでなはない。生後12か ...

『2040年の未来予測』から、様々な本を取り上げていますが。今回は『スマホ脳』です。未来の話をする前に、まずは、足元を見つめようと思っていたら、手元にあるスマホを見つめていました。この記事もスマホで書いていますし、あなたも、スマホで記事を読んでいますよね?ス ...

LIFESPAN(ライフスパン)―老いなき世界マシュー・D・ラプラント2020-09-01先日、投稿した『LIFE SPAN(ライフスパン)』について、もう少し書いてみたくなったので、まとめです。先日の投稿「健康のまま120才まで生きられる世界」へ。寿命の上限などない。老化は避 ...

“生物は必ず老いる、そして死んでいく”そう思っていました。しかし、この本はそれを否定するところからはじまります。『LIFE SPAN(ライフスパン)─老いなき世界─』デビット・A・シンクレア著LIFESPAN(ライフスパン)―老いなき世界マシュー・D・ラプラント東洋 ...

『2040年の未来予測』からの読書投稿。今回は高橋祥子さんの『生命科学的思考』です。ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考 (NewsPicksパブリッシング)高橋祥子2021-01-06成毛さんと高橋さんの配信を見ながら、Amazonでポチりました。ものすごく丁寧に、分か ...

先日から“未来予測シリーズ”にハマり、本を読み漁っています。今回は山本康正さんの『2025年を制覇する破壊的企業』です。山本康正さんは『2030年すべて「加速」する世界に備えよ』の解説もされています。ちなみに、この配信を見ながら本をポチりました! ちなみに、以下の ...

成毛眞さんの『2040年の未来予測』を読んでいたら、もっと同じような本が読みたくなった! 『2040年の未来予測』を読み終える前に、ポチったのが『2030年すべてが「加速」する世界に備えよ』だ。2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ (NewsPicksパブリッシング)スティー ...

NewsPicksで成毛眞さんの『2040年の未来予測』についての動画をみていたら、この本は買わなきゃいけない!と衝動に駆られポチった本。『2040年の未来予測』 2040年の未来予測成毛 眞2021-01-01動画をみて、本をポチれば僕のブログは読まなくても大丈夫です(笑)さて、2040年ま ...

岐阜県出身の中央官僚だった江崎禎英さんが、書いた本。めっちゃ面白かった!読みやすく、サクサクいける。専門家の専門書ではなく、官僚の人が書いた本。イメージとしては“官僚の人って本書くの?”だ。官僚を退職して、コメンテーターやっている人や本を書いている人はい ...

今月発売された「ソトコト(1月号)」ご覧になりましたか?ソトコト (2019年1月号) [雑誌]RR2018-12-05出版社がかわっての2号目かな。編集部はそのままのようで、指出さんは、そのまま編集長のようです。「ソトコト」編集長の指出一正さんの講演会が美濃加茂市であったので行 ...

今年の3月に「20代に伝えたい50のこと」を出版された秋元さん。(秋元さんには学生の頃からお世話になっています。つい先日も。)さて、こんかいは、秋元さんではなく、そのむすめさんの小学生2年生のういさんが本を出版され、さらに重版になったのでご紹介。まず、秋元さんの ...

僕が学生の頃、とても影響を受けたG-net創業者で現Oka-Bizセンター長である秋元祥治さん処女作「20代に伝えたい50のこと」がダイヤモンド社より3月1日から発売されています。僕も、もちろん購入しました。20代に伝えたい50のこと [単行本(ソフトカバー)]秋元 祥治ダイヤモ ...

この本の最大の魅力はスマホと変わらないサイズ。スマホサイズの新書レーベル: 「cakes」「note」運営会社、「スマート新書」創刊 ピースオブケイクが新書シリーズ「スマート新書」を立ち上げ。コンセプトは「手のひらにおさまる教養」。オリジナル文具や手帳も同時発売する ...

本来なら、藤井市長は無実・潔白であり、最高裁で無罪になるだろう!と、書くつもりでいた。けれど、本日、最高裁から上告棄却の判断により市長失職の見通しとの報道。非常に残念。この本は「美濃加茂市長事件」を通して見えるこの国の司法の実態を暴露した本だ。もちろん、 ...

はあちゅうさんが、インスタかFBにあげているのをみて、Amazonでポチりました。『なぜデキる男とモテる女は飛行機に乗るのか?』年間に1000回以上も飛行機に搭乗したことがあるというパラダイス山元さんが綴る、デキる女とモテる女になるための飛行機の乗り方本です。いや、 ...

読みました。この本、大好きです。何度でも、読み返したい。もっとみんなに読んでほしいな。革命のファンファーレ 現代のお金と広告 [単行本]西野 亮廣幻冬舎2017-10-04 ...

数年前から知ってはいたけれども、手に取り買ってやってみよう!とまでは思わなかった『さあ、才能に目覚めよう!』やってみました。1冊2000円ぐらいの本を買うと、もれなく1回自分の〈才能〉のトップ5がしれるというモノ。やってみての感想は〈もっと早くやればよかった〉〈 ...

常々、人に響く言葉の使い方ができていないあと、反省することが多いこの頃です。そこで“エレベーターピッチ”についての本を読んでみました。エレベーターピッチとは、文字どおりエレベーターに乗っている短い時間で自分や会社、企画、商品などを提案すること。15秒間とい ...

タイトルが刺激的だけど、不倫と言うより大人の恋愛の経済学。昨年、世の中「不倫」で騒がしかったけれども、この本はなかなか、面白い本だった。「結婚」していない、予定もない僕が、このブログでこの本を紹介するのもどうかとおもったけれども、今後の参考までに読んでみ ...

読んでみての感想は、とても読みやすい本だった。「おいしいコーヒーの入れ方」シリーズの8冊目。シリーズ10+セカンドシリーズ8まであるのに、ちょー中途半端なところからのスタートだったが、サクッと読める。直木賞受賞作家でもある村山由圭さんの本なので、とても読みや ...

テレビ番組でも、見慣れた明治大学の齋藤孝先生の『読書力』。この本を一言で説明すると“読書のすすめ”。「読書のすすめ」というよりも、なぜ読書をしなくてはならないのか?について、意外なほど強く主張されている一冊。読書100冊。読書をしている人と、していない人の壁 ...

毎週の坐禅をはじめてから、1年半になります。 なにが、どう変わったのかは、よくわからないけれども、週イチでやらないと心が落ち着かない。 『リーダーの禅語』。著者は曹洞宗のお寺の住職でもある枡野俊明さん。禅語とは坐禅を中心とした禅宗独特の言葉のこと。なかなか ...

ブロガーで作家の、はあちゅうさんの一番新しい本『言葉を使いこなして人生を変える』。言葉の仕事をしているはあちゅうさんの、エッセイです。 安定の、はあちゅうさんの文章。お会いしたことはないけれど、結構好き。会ったことないから、大好きとは言わないけれど、結構 ...

ネット界隈で話題になったワード【チャレンジ童貞】きっかけは、この本。だいたい“童貞”で、記事の注目度が何倍かになる。笑。ずいぶん前に、はあちゅうさんが、ブログでアクセスを伸ばすなら、ちょっと下ネタをいれた方がいいって言ってた。 FacebookやTwitterで話題に ...

先日の【ビブリオバトルinクオーレの里】で天川くんが紹介してくれた『もしもし運命の人ですか。』を読んでみました。第2回 知的書評合戦ビブリオバトルinクオーレの里!!!アマゾンで5円+送料で買ったこの本。ブックオフなら108円だったかな。と思いながら、田舎暮らしの ...

FBのタイムラインに、筆者の写真付で本の紹介が流れてきて、ちょっと気になって、amazonで検索してみたら、2ヶ月待ちとか、大ブレイク中の本。『「1%も尽くさない」で一生愛される 彼が私のファンになるかわいい鬼嫁のススメ』 久しぶりに書く、本の紹介が、女子系です ...

いまから、7年前の19歳の冬。書店で一冊の本を手に取り衝撃を受けてから3日後、いてもたってもいられなくなり、当時、大阪・南船場にあったマザーハウスの路面店に向かったのを今でもよく覚えています。それから、マザーハウスで開催される「マザーハウスカレッジ」に参加す ...

↑このページのトップヘ